幼少期から英語教育に力を注いでいる若い家族世帯の数が多いのは最近始まった兆候ではありません。しかし国内にいながら英語を流暢に話せるようになるには、親子でかなりの努力が必要とされ、実現半ばで諦めてしまう親子が多いのが現実です。子供に真の国際人としての教養を身に着けさせようと本気で考えるなら、まだ物心つかないうちから英語環境の中で生活する時間をできるだけ多くもつことが大切です。強いて言えば日本語が話せることよりも英語が話せた方が将来の人生の選択肢がより増えることになると言っても言い過ぎではありません。そのためには、できれば中学生くらいから留学をさせ、子供が自身がどんな職業につきたいのか、どんなことに力を注いで生きていきたいのか、というところまで自分自身で発見し、実現できる機会を与えてあげる環境があれば最善と言えるでしょう。留学先では様々な価値観が考え方の異なる人たちと触れ合い刺激を受けることで、英語力だけでなく国際人として成長していくために必要なスキルを身につけられるよいチャンスとなるはずです。